RE・LEAF株式会社

Headphone Amplifier

E3 hybrid

E3 hybrid 写真1

スタジオ再生に近づくこれまでにない再現力
ヘッドフォンによる音楽体験は次世代の新たなステージへ


  • ・Current Drive(電流駆動)+ Voltage Drive(電圧駆動)世界初のハイブリッド構成
  • ・インダクタンスを最小化「定電流型ボリューム」
  • ・コンデンサーによる音質影響を廃するため、最終段にコンデンサーを使用しない「4重安定化電源」

いっさいの妥協をせず、徹底したこだわりで、唯一無二の世界最高峰を。
大規模スピーカーをも凌駕するヘッドフォンならではの繊細な音楽体験へ。
銘機「E1R」「E1」のPure、Direct、Straight な設計思想を継承。
Blu-spec CD、Blu-ray Mastering Head の開発者中山邦男の渾身作。

最上機種「E1」は理想的な駆動方式を目指し、Current Drive(電流駆動)に
追従できないヘッドフォンを犠牲にしてまでも妥協なき最高音質を追求。
「E3 hybrid」は Current Drive に加え Voltage Drive(電圧駆動) を切り替えて使える
世界初のハイブリッド構成を新開発。Current Drive に追従できないヘッドフォンも
Voltage Drive モードで駆動可能になり、両モードで各ヘッドフォンの特性に合わせた
究極の音楽再生が可能に。お手持ちヘッドフォンが更なる進化を遂げます。

希望小売価格 58万円(税抜)
税込626,400円【受注生産】
別売オプション: XLR4→XLR3(L/R)変換ケーブル『XLR4-3P』20,000円(税抜)
横置用『ハイブリッド構造スパイク脚』58,000円(税抜)
縦置用『E3 hybrid 専用木製スタンド』24,000円(税抜)
別売オプション: Dual Mono対応 Paired XLR4→XLR3変換ケーブル『Dual XLR4-3』35,000円(税抜)

* 横置用『ハイブリッド構造スパイク脚』は別売オプションとなります。

* 縦置用『E3 hybrid 専用木製スタンド』は別売オプションとなります。

Specification

名称 ヘッドフォンアンプ
型式 E3 hybrid
入力端子 アナログ入力:XLR3Pin 2chバランス入力及びRCA 2chアンバランス切り替え
出力端子 ヘッドフォン出力: XLR4Pinバランス出力(特記事項参照)
          
標準ジャック(標準ジャック優先接続)
ヘッドフォン出力
(注1、2、3)
電流駆動モード:35mA max インピーダンス600Ωまで
電圧駆動モード:200mA max , 3.2W max
(条件:HIGH GAIN VOLTAGE駆動モードにてUnbalance接続時80Ω or Balance接続時160Ω)
電源電圧 DC +12V
消費電流 標準1.0A(Stand by 時 130mA)
外形寸法/重量 W×D×H(mm)= 162×205×57(ボリューム等突起部含まず)/ 約2.1kg
付属品(注4) ACアダプター(出力電圧DC12V、電流3A 以上を付属)
ステレオジャック変換(ミニジャック→標準ジャック)
フット
取扱説明書
保証書
製造国 日本
特記事項 1. 電流駆動ではバランス、アンバランス接続とも同じボリュームの位置で同じ電流が流れます。
2. 電圧駆動ではバランス出力はBTL接続となり、電圧、電流ともアンバランス接続の2倍となります。
注1)
電流駆動の特性として強い共振点をもつヘッドフォンでは共振や異常振動によって音割れが発生することがあります。また、電流駆動では最大電流が設定されており、入力信号が大きい場合、自動的に最大電流以内に電流が制限され、ノイズの原因となることがあります。
注2)
ヘッドフォンはメーカーや機種によって様々な能率、インピーダンスが存在致します。また、数値では表現されていない機械及び電気特性も多様です。本機は電流駆動、電圧駆動それぞれの駆動方式においてすべてのヘッドフォンが満足のいく再生を保証するものではありません。
注3)
入力アンプ部ゲイン設定と駆動モードによりますが、入力信号の大きさ、ボリューム位置によってはヘッドフォンの定格を超えてヘッドフォンの故障原因となりますのでご了解の上ご使用ください。
注4)
付属品は保証対象外ですが、初期不良に関しては交換対応いたします。

Technology

『電圧駆動と電流駆動について』

一般的な音声変換の仕組み

ヘッドフォンやスピーカーはモーター(リニアモーター)として考えられます。
主として、モーターの動き(力)が空気を動かし音声に変換されます。その力はフレミ ングの左手の法則に由来します。すなわち、力F(音の大きさ)は電流Iと磁界Bとの 積(F=I・B)であらわされます。ここには電圧Vというパラメータは存在せず電圧は 直接の関係はありません。一方でほとんどのAMPは電圧増幅を行っており、音声信号は 電圧としてヘッドフォンに与えられています。最後のヘッドフォンの負荷抵抗につながってはじめて(オームの法則により)、電流へ変換されるのです。この負荷抵抗が変われば同じ電圧でも電流が変わるのでF(音の大きさ)が変わります。つまりAMPのゲインが変わったのと等価です。

・従来の『電圧駆動』の場合

ヘッドフォンの抵抗(インピーダンス)は幅広く、数Ω~数100Ωにわたります。
例えばよくある30Ωのヘッドフォンと高め300Ωのヘッドフォンでは同じ電圧でドライブする場合、流れる電流は10対1もの差になります。同じ電流を得るには10倍ものゲイン差 (結果的に電圧差)を生じます。これはボリュームだけでは実用上調整しにくい範囲となるため、ほとんどのAMPはゲイン切り替えスイッチを備えて対応しています。

・当社『電流駆動』の場合

ここで、電圧増幅AMPの後ろに電圧―電流変換回路を付加すれば、入力電圧に応じた電流 を流すことができます。この回路は電流駆動AMPとして働き、ヘッドフォンの抵抗に因らず 予め設計値として取り決めた電圧に比例した電流を流すことができます。 したがって、 ゲイン切り替えを省略することができます。

『ヘッドフォン再生の周波数特性と音質への影響』

・一般的なヘッドフォンの電圧駆動特性

A:共振の影響: 電圧駆動の場合、入力電圧のリニアリティが無視され駆動電流が減るため強い共振現象は免れるが、どちらの駆動方式も入力信号との相関性が薄れる。

B:インダクタンスの影響:電圧駆動では雑味感、電流駆動ではクリアな再生となる。

・ケーブルの影響

B:インダクタンスの影響:電圧駆動では雑味感、電流駆動ではクリアな再生となる。

※ 当資料上の掲載画像はイメージ図です。実際の製品では詳細仕様、色合いなど異なる場合があります。
  製品改良のため、仕様・外観・仕上げ等は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

Made in Japan by RE・LEAF Inc.